看護師 転職 病院

看護師が転職する時はキャリア・コンサルタントに相談するのが得策

看護師が転職する時はキャリア・コンサルタントに相談するのが得策

 

看護師の定着率の低さが常態化しており、どこの病院においても転職を考えている人が少なくありません。
ただ、今の病院に不満があるから転職したいと言っても、今の病院しか勤務したことがない人は、他の病院がどのような就業環境なのかを知りません。

 

誰かに相談したくても、よほど気心の知れた先輩や同僚でないと、職場の悪口になるような話はできませんし、取引先のMRや営業マンに他の病院の内部事情を聞くこともできません。

 

そのため、我慢しながら仕事を続けている人が少なからずいます。そこで、そういう人にとって頼りになるのが、看護師専門の転職エージェントです。

 

転職エージェントにはキャリア・コンサルタントが在籍しており、クライアントである多くの病院に出入りしているので、各病院の特徴や状況、また不足していたり、必要になったりしている看護師のことも把握しています

 

。また、看護師が転職する際に知りたがっている内容も充分に認識しています。

 

そして、キャリア・コンサルタントはクライアントと転職希望者をマッチングさせるのが本業のため、クライアントの採用条件と転職希望者の要望をコーディネートさせることを常に繰り返しており、転職の専門家と言えます。

 

キャリア・コンサルタントの職務は信用が最も重要になっています。

 

そのため、紹介した人がすぐに辞めてしまうことを最も嫌います。

 

従って、転職希望者に対して単に転職を進めるのではなく、転職希望者が「何を重視しているのか」、「何に不満を抱いているのか」を確認した上で、転職希望者のスキルや経験に即したアドバイスを行っています。

 

時には、『経験を積んでから、再度検討した方が良い』と言われる人もいます。転職に悩んでいる人は、一度キャリア・コンサルタントに相談するのも得策と言えます。

 

キャリアアップに役立つ看護師の求人

 

転職に関してはキャリアアップを一つの目的としてチャレンジされるという方も非常に増えていると言われており、実務経験や資格取得をメインに検討される方もいらっしゃいます。

 

保健師や看護師は多くの方の役に立つ仕事であって、エキスパートして転職を考える方も多いと言われております。

 

様々な要因で負担の多い仕事であると言われておりますが、 職業上の支援サポートも充実するようになってきております。

 

年収も他の業種よりも割高であることからも魅力は大きいと思います。

 

医療専門の転職支援サイトを効率的に活用することで、悩み相談も手軽に出来ますのでご活用されることをお勧め致します。

 

今ではママナースなどのコミュニティサイトも登場するようになっており、不安などを気軽に相談できるのも大きな魅力だと思います。

 

夜勤専従や単発勤務なども可能になっておりますので、希望に合わせて働けるのも魅力の一つだと思います。

 

家庭と仕事との両立も可能になってきておりますし、24H託児所完備の施設も急増するようになってきております。

 

やりたい看護の仕事で経験を積むことで、キャリアの形成にもつながると思いますので、医療分野に興味があるという方は、専門の転職サイトで検索されてみてはいかがでしょうか。

 

自分のペースに合った環境の職場選ぶ事が大切

充実した仕事をする為には、自分のペースに合った環境の職場選ぶ事が大切です。
看護師の仕事はとてもハードですが、その分、他の職種よりも高月給で、福利厚生の面も、
とても充実している事がメリットです。
実際の業務内容、人の命を預かるという責任感の高い仕事内容を考えれば、
もっと給料が高くてもいいのかもしれません。

 

看護師の仕事は、職場によって業務内容が異なりますが、新卒看護師の中には、
仕事へのやりがいや、高い給料を稼ぐ事が出来る事で、大学病院での勤務を希望する人も少なくありません。
確かに、大学病院というのは、高度な医療を扱っていて、日本全国から、難しい病気を抱えた患者さんが集まりますから、最新の医療技術を学びたいのであれば、一番合っている職場だと思います。
しかし、その分、仕事内容がとてもハードです。
最新の医療を使っているだけに、日々勉強していないと仕事について行く事ができません。
さらに、毎日の残業に加え、休みもとりにくい環境です。

 

その為、働いている看護師は、ほとんどが独身で、入れ替わりも激しいのが実状です。

 

人それぞれ、性格が違うように、働き方も異なりますが、自分の時間を大切にしたい、という方にとっては、いくら給料高めでも、忙しすぎる職場での勤務は、避けたほうが無難です。
長く働く為にも、自分に合った職場を選ぶ事が大切です。

 

法改正により5日感の研修を義務付け

昨年の法改正で、精神科勤務経験のない看護師やOTを、精神科訪問看護ステーションで雇用する場合は、指定の研修を受けさせないと報酬が請求できない・・・という制度が出来ました。

 

近畿厚生局に何度も確認しましたら・・・・
・勤務経験の長短は問わない。
・精神科を標榜するクリニック、病院、ステーションでの勤務経験が必要

 

とのこと。極端な話、1日でも精神科クリニックで勤務した看護師やOTならOKという制度です。
(都道府県によって若干異なります)

 

これは、通常の一般科訪問看護と、精神科訪問看護を違う制度にしようという動きがあるからで
“一定の研修”をする事業協会などが収益を上げるのだろうなぁというのが大方の見方でした。

 

その法改正後、初めて“精神科経験のないOT”を採用することになりまして、
その5日間の研修に参加してもらうことに(価格は3万円)

 

すると、思ってたよりもずっとしっかりした内容の研修をビッシリとしてくださることが判明
こりゃスタッフ全員に受けさせたいなぁと思うほどでした。

 

一人3万円と5日間は大変だけれど、精神科訪問看護の将来にとって、これは良いです。
特に病棟勤務に慣れてしまっている医学モデルの医療職にお勧めしたい。